【自然】【峠】【茶屋】【展望】【奥武蔵グリーンライン】【飯能市】顔振峠(かあぶりとうげ)

顔振、と書いて「かあぶり」と読む。この峠の名前の由来は案内板にこう記載されている。
顔振峠のいわれには二通りあり、義経が絶景のあまり顔をふりながら登ったためというものと、お供の弁慶が急な登りに疲れて顔を振りながら登ったというものです。いずれも義経が奥州へ逃れる時にここを通ったとしているわけですが、義経奥州落ちの経路については北陸を通ったとする説が有力です。
かあぶりはかむり=冠が転じたのではないかとされており、冠のようにとがった山があるためこのような名前になったものと思われます。
明治維新の際には、飯能戦争に破れた幕軍の烈士・渋沢平九郎が立ち寄り、峠の茶屋の主人に大刀を預けていったという。この茶屋は今、平九郎茶屋となり、店内には平九郎の遺影が掛けられている。また、茶屋から5分ほど登った所には顔振峠見晴台がある。

■住所
埼玉県飯能市長沢1667-1 <地図>

飯能 顔振峠 茶屋

飯能 顔振峠 茶屋

関連リンク
【飯能市】【自然】【展望】【奥武蔵グリーンライン】関八州見晴台
【飯能市】【自然】【渓谷】名栗渓谷
【飯能市】【自然】【ダム】【湖】有馬ダム(名栗湖)
【飯能市】【温泉】名栗温泉さわらびの湯
【飯能市】【寺】竹寺
【飯能市】【寺】子の権現・天龍寺
【飯能市】【寺】福徳寺・阿弥陀堂
【飯能市】【寺】高山不動尊

【峠】【奥武蔵グリーンライン】【夜景】【展望】【都幾川町】刈場坂峠
【峠】【奥武蔵グリーンライン】【越生町】傘杉峠

【自然】
【滝】【越生町】【紅葉】黒山三滝
【滝】【小鹿野町】丸神の滝
【滝】【毛呂山町】宿谷の滝
【春】【越生町】越生梅林
【公園】【春】【秩父市】羊山公園の芝桜
【公園】【曼珠沙華】【日高市】巾着田曼珠沙華公園
【渓谷】【東松山市】武蔵嵐山渓谷
【渓谷】【小鹿野町】尾ノ内渓谷
【オカルト】【吉見町】吉見百穴
【湖】【毛呂山町】鎌北湖
【ダム】【湖】【秩父市】浦山ダム(秩父さくら湖)
【河】【長瀞町】長瀞の岩畳

web Guide 秩父

秩父の温泉・自然・観光は秩父ドライブガイドでさがそう!




[PR]

by chichibu2006 | 2006-04-17 02:40 | 展望  

<< 【自然】【峠】【奥武蔵グリーン... 【自然】【展望】【奥武蔵グリー... >>